難しい症例を対応してきた世田谷インプラントセンターの技術について

SETAGAYA IMPLANT CENTER 医療法人社団紀和会 山西歯科医院 世田谷インプラントセンター
インプラントとは
当センターのインプラントシステム
難しいインプラントの症例
失敗しないインプラント治療
静脈内鎮静法
インプラント学会の指導医・専門医とは
患者の皆さんへ
インプラントの費用
デンタルローン
プロフィール
お問い合わせ
難しいインプラントの症例
当センターの高度な技術により、骨の高さが不足している症例や骨の幅が狭い症例にもインプラントを可能にします。当センターの得意としている所です。
(1)ソケットリフト法・サイナスリフト法
上顎奥歯の骨の高さが不足している所に上顎洞粘膜を押し上げて、骨補填材を入れて骨を作る方法です。
(2)リッジエクスパンション
骨幅がせまい所を広げる方法です。
ピエゾトーム2
サイナスリフト法で用いる血小板を分離する機械

インプラント技術の進歩により、難症例も対応できるようになりました。
例えば上顎奥歯の部位で骨の高さが足りない場合は、増骨技術によりインプラントが可能になります。
これも、以前は自分の顎の骨や腸骨を採取したりしていましたが、現在は人工の骨補填材と御自分の採血した血液の血小板を混ぜることにより、増骨が可能になりました。
インプラント手術に際して、骨幅(垂直的、水平的)が少ない場合は様々な増骨法を行います。
GBR法サイナスリフト法ソケットリフト法リッジエクスパンシンPRP法下骨槽神経移動手術骨移植仮骨延長法などがあります。
症例1
X線写真 術前 セラミックセラミック冠装着後

症例2
インプラントの土台装着後 セラミック冠装着後
 


医療法人社団紀和会 山西歯科医院
東京都世田谷区南烏山4-7-14 福田ビル201
(京王線千歳烏山駅)
TEL/FAX:03-5313-1080
各種保険取扱いしています。

医療法人社団 紀和会 | 山西歯科医院 | インプラント博士のコーナー | 世田谷審美歯科センター
 

インプラント 東京