よくある質問の中から特に多く声が寄せられた内容にお答えします

SETAGAYA IMPLANT CENTER 医療法人社団紀和会 山西歯科医院 世田谷インプラントセンター
インプラントとは
当センターのインプラントシステム
難しいインプラントの症例
失敗しないインプラント治療
静脈内鎮静法
インプラント学会の指導医・専門医とは
患者の皆さんへ
インプラントの費用
デンタルローン
プロフィール
お問い合わせ

最近よくあるご質問

Q1. インプラントの治療で1回法と2回法とありますが、どのような違いがあるんですか?

A1. これらの違いは手術を1回行うか、2回行うかという点です。
1回法にはインプラントとアバット(土台)が一体型と、インプラントとアバットの接合部分が歯肉より出てしまうのでかぶせ物をする時にアバットを入れるタイプの2種類があります。
前者のタイプは、歯が1〜2本の欠損で仮義歯を使わない場合のみ行える方法です。仮義歯を使う場合には行えないので手術前に確認をしましょう。
後者のタイプは、仮義歯を使う場合でも行えます。この方法では接合部分に接触しないように仮義歯の裏側をかなり削りますが、食事のときに仮義歯が沈んでしまい接合部分と接触してしまう可能性があります。 それがインプラントを刺激してインプラントが緩む原因にもなりうるのであまりオススメはしません。
2回法は2度手術をするので体への負担が大きくなります。しかし歯肉の中にインプラントを埋入するので、仮歯・仮義歯や難しい症例の場合でも対応しやすい方法です。



Q2. ホームページ内でも書かれている、インプラントの専門医と学会専門医は何が違うんですか?

A2. これはインプラント治療の公式な資格を取得しているかどうかが大きな違いです。
インプラント専門医は、資格はないけどインプラントの治療を行っている歯科医師、インプラント学会専門医は日本口腔インプラント学会から与えられる公式の資格を取得した歯科医師のことを指しています。 この資格は学会の厳しい審査と試験をクリアしなければいけないので、全国でも約300名程度(平成19年9月現在)の医師しか取得してません。 これを踏まえた上でインプラントの治療をしている歯科医院を探しましょう。



Q3. 最近はインプラントを売りにしているところが多いので、どの歯科医院を選べばいいのかわかりません…。

A3. 回答するのが難し内容ですが、こういった内容の質問が多く寄せられています。インプラントは医師の経験年数の長さで判断出来ることではありません。
周囲にインプラントの治療をしている人がいれば、直接話を聞くことで治療の結果などが分かりやすいと思います。 しかし、近くに情報を得る手段が無い場合は日本口腔インプラント学会の認定医や専門医を取得していることが一つの判断材料になるのでは。 多くの医院ではホームページに記載していると思いますので、インターネットを使って調べる事をオススメします。



Q4. 歯科用のCTは医科用のものとどう違いますか?また手術前のCT撮影は絶対に必要ですか?

A4. 歯科用のCTは被爆線量が少量(医科用の約8分の1)・短い撮影時間・早い診断と、医科用と比べてメリットが多いです。
しかし、インプラントの治療とは別途に料金がかかってしまうため費用的なデメリットがあります。 手術前でも撮影は絶対という訳でもないので、パノラマX線や口腔内診査で診断が難しい場合のみCT撮影をするのが最適です。



Q5.かぶせ物に使用される【ジルコニアセラミック】と【オールジルコニア】の違いはなんですか?

A5. 【ジルコニアセラミック】とは内側がジルコニア、外側がセラミックで作られたものです。審美性が高くナチュラルに仕上がるので前歯に使用してもなじむことができます。 【オールジルコニア】とは全てジルコニアのみで作られた新しいタイプのものです。硬度が高く欠ける心配も少ないので奥歯として使用するには最適です。


 

世田谷インプラントセンター(インプラント指導医・専門医)
医療法人社団紀和会 山西歯科医院
東京都世田谷区南烏山4-7-14 福田ビル201
(京王線千歳烏山駅)
TEL/FAX:03-5313-1080
各種保険取扱いしています。

医療法人社団 紀和会 | 山西歯科医院 | インプラント博士のコーナー | 世田谷審美歯科センター
 

インプラント 東京